背中ニキビができる原因となる菌を対策できるルフィーナについて

顔と背中にニキビができる原因は肌の乾燥や肌への摩擦の他にも、ニキビの原因となる菌も関係します。

顔にニキビができる原因となる菌はアクネ菌ですが、背中にニキビができる原因になる菌はマラセチア真菌となります。

アクネ菌は乳酸菌と同じ皮膚を守る役割を持つ常在菌ですが、皮脂が詰まった毛穴にアクネ菌が入り込むことで肌が炎症を起こしてニキビができます。

一方、マラセチア真菌はアクネ菌と同じ常在菌ですが、

マラセチア真菌の一種となるマラセチア・ファーファーがニキビと関係を持っています。

なぜなら、マラセチア・ファーファーが毛穴に入り込むと、体が異物として認識するため免疫反応を起こして肌に炎症が起こるからです。

ちなみに、マラセチア真菌は5種類存在しますが、ニキビの原因を作り出すのはマラセチア・ファーファーだけとなっています。

背中にできたニキビに効果をもたらすルフィーナにはグリチルレチン酸ジカリウムが含まれるので、ニキビ以外にもあかぎれやしもやけを治すことができます。

また、グリチルレチン酸ジカリウムには抗炎症作用があるので、炎症を抑えてニキビが悪化するのを防ぐこともできます。

その上、ルフィーナには肌に強い刺激を与える添加物が一切使われていないので、ルフィーナは全身に塗ることができます。

なので、ルフィーナを使うことで顔と背中にできたニキビを同時に改善することが可能になります。

抗炎症作用を持つグリチルレチン酸ジカリウムを含んでいるルフィーナによって、背中ニキビの原因となるマラセチア真菌による肌への炎症を抑制することができます。

ルフィーナの口コミ&評判を収集するならここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です